スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PyMELのリファレンスをダウンロードする

タイトルの通りPyMELのドキュメントについて。

PyMELは2011からMayaに同梱されるようになりましたが、リファレンスマニュアル(ドキュメント)は同梱されていません。
勿論ネット上にはあるのですが、場合によってはローカルに置いておきたいという人も居るでしょう。
ネットが使えない環境で作業するとき(例えば移動中のコーディング)、少しでもページの読み込みを高速にしたい時など、ローカルに置いてあると便利です。

そういうわけで、どこかでマニュアルをダウンロード出来ないかなと調べたのですが、どうやらPyMELの公式プロジェクトのZIP内に、マニュアルのHTML一式が同梱されているようです。

こちらからダウンロードできます。
http://code.google.com/p/pymel/downloads/list

ダウンロードしたzipを解凍すると中にdocsフォルダがありますので、その中のindex.htmlがトップページになります。

まぁPythonはわざわざドキュメントを用意しなくても、helpコマンドで大体の使い方は調べられるので必要無いという人も居るでしょうが、ブラウザで見た方が普通に可読性も高いし読みやすいです。

この機会にダウンロードしてみてはいかがでしょうか。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。