スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mayaスクリプト: 画像のファイル形式変換


今回はMaya付属ツールを使ったバッチ画像変換スクリプトについてです。

MayaにはFCheckやMayaBatchといった幾つかの補助ツールが付属していますが、その内の一つにimgcvtというツールがあります。

imgcvtは、コマンドラインから実行するタイプの画像変換ツールで、Mayaで使用する様々な種類の画像形式を相互に変換することができます。

今回はこれを使って、画像の一括変換をします。


スクリプト仕様
  • Maya付属ツールを使ったスタンドアロンPythonスクリプト
  • バッチファイルを作成し、ダブルクリック又はイメージのドラッグ&ドロップで起動
  • ダブルクリックで起動した時は、同じフォルダ内の全てのイメージを変換
  • ドラッグ&ドロップした時は、ドロップされたイメージを変換
  • 変換を実行する拡張子はスクリプト内で指定できる
  • 変換先の拡張子もスクリプト内で指定
  • 変換された画像は、拡張子と同じ名前のフォルダに保存される
  • 既に変換された画像がある場合は、タイムスタンプを比較して新しければ実行する
  • 必ず、Maya binフォルダに環境パスが通っている必要がある

パスの通し方については、ネットで調べれば簡単に見つかるので、各自調べてください。
無事パスが通っていれば、コマンドプロンプトから imgcvt -h コマンドで、imgcvtのヘルプが表示されます。

ダウンロード


このスクリプトはWindowsで直接実行する用に、Pythonスクリプトとバッチファイルの2つのファイルで構成されています。
バッチファイルは無くても実行出来るのですが、あるとファイルのドラッグ&ドロップが使えるのであった方が便利です。

Windows以外では、こちらでは作りようが無いので各自OS用のバッチを用意してください。


imgConvert.py ※必ずそのままの名前で保存してください。
# -*- coding: utf-8 -*-
import os
import sys
import re

# Settings.
fromExts = ['tga', 'jpg', 'png', 'tif', 'bmp']
toExt = 'png'

# ~ 以下略 ~
ハイライトした部分が設定箇所です。
設定内容は以下のようになっています。
fromExts
変換を行うファイル拡張子の一覧
変換可能なファイル形式はimgcvtのヘルプ参照。
(コマンドプロンプト内でimgcvt -hと打つと表示されます)
 
toExt
変換後のファイル拡張子
同じく変換可能な拡張子はヘルプ参照
 

このスクリプトは詳細な動作を簡単にカスタマイズ出来る点と、Mayaが入ったマシンならどんなマシンでも起動できるという点、操作がシンプルという点で製作パイプラインに組み込みやすいという利点があります。

私自身はメモリマップドファイル(Map)形式への変換に利用していますが、ファイル変換のためだけにわざわざツールを起動するのが面倒という人にはオススメです。


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。