スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mayaスクリプト: 法線の合成ツール

今回は最近の仕事の副産物の1つの法線の合成スクリプトを紹介します。

まぁ名前のまんまのスクリプトですが、単純に2つのメッシュの法線を合成する事ができるスクリプトです。

法線合成ツール UI
意味もなく英語対応

どういう時に使えるかと言うと・・・何だろう
トゥーンシェーディングの階調作り・・・とか?
法線合成ツール サンプル01


因みに私はハードエッジとソフトエッジのミキシングに使いました。
ハードエッジだけど、微妙なソフトエッジ感も欲しいとかそんな感じ。

という訳でダウンロードと使い方。

▼ ダウンロード
TrM Blend Normals Tool Ver1.02 (右クリックで保存)

▼ インストール
一般的なPythonスクリプトと同じく、起動時にロードして使用します。
  1. mayaスクリプトフォルダにこのファイルを移動します。
    (Windows7x64 であれば Documents\maya\20XX-x64\ja_JP\scripts\ 等)
  2. スクリプトフォルダにuserSetup.pyが無ければ新規に作成します。
    (userSetup.pyは空のテキストファイル)
  3. userSetup.pyに以下の一文を書き加えます。
    import TrM_BlendNormals
  4. Mayaを起動し、以下のコマンドをPythonモードで実行します。
    TrM_BlendNormals.mainWindow()
  5. 必要があればコマンドをシェルフに登録してください。

ほんとコレ何に使うんだろう?
法線合成ツール サンプル02
回る~

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。