スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PMXファイル インポータ/エクスポータ 開発開始

MMD等で使用されるファイル形式、PMXのMaya用トランスレータの開発を開始しました。

というわけで今後の予定と仕様についてメモ。
▼ 仕様
  • 取り敢えず初期版ではプラグインではなくコマンドスクリプト(GUI付き)として実装。
  • 対応形式はインポートPMD/PMX、エクスポート:PMX。
  • インポート時にMayaに取り込めないデータ(日本語名、コメント等)は
     追加アトリビュートとして設定。
  • エクスポート時に追加のアトリビュートからデータを読み出す。
  • マテリアルはBlinnで代替。
  • UV、ウェイト、頂点の置き換えモード。
  • 取り敢えず初期版では、頂点、法線、UV、マテリアル、ボーン、スキンウェイトの
     読み書きに対応。
  • ボーンは取り敢えず親子関係のみ対応。ローカル回転軸も多分対応。
  • ハードエッジ・UV境界の自動分割機能。
     (PMXは頂点法線、UVを1つの頂点で共有出来ないため)
  • マテリアルによるメッシュの分割は初期版では実装しない。
     代わりにスキン済みメッシュの分割スクリプトを別途提供。
  • 複数メッシュのエクスポートに対応。
  • ▼ 予定
  • 現時点でインポータはある程度動く。
  • 取り敢えず今月中にエクスポータがおおよそ動くようにしたい。
  • GUI書くの面倒くさい。

  • 関連記事
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。